こだわりのアルミ材料

「超軽量」「超強力」は材質の違いから!

アルミ三脚の故障の現状

こんな経験はありませんか?

溶接製アルミ三脚の故障の実態を見ると、ほとんどが溶接の際からひび割れするケースです。
これは溶接の熱影響によるものです。

材料には溶接専用ではないものもがあり、その材料を溶接した場合、溶接付近が硬度低下を起こし、ひび割れの原因につながります。
このような材料では大きな事故につながりかねません。

溶接付近 ヒビ割れ
溶接付近 ヒビ割れ

アルミは見ただけではわかりませんが、多くの種類があります。
使用目的に応じて最適な性質をもつアルミ合金を選ぶことが重要になります。

材料の選択によって、故障を最小限に食い止めることができます!

アルミ材料の選択の重要性

一口にアルミと言っても

アルミには多くの種類があり、日用品のアルミ箔などからオートバイ・船舶・航空機など、用途により強度・耐食性・装飾性・加工性・溶接性などの特性を総合して検討し選択します。

一本梯子 収穫風景

「事故・故障を最小限に食い止めるために、強く」
「毎日の重労働を軽減するために、軽く」


この二つを併せ持った三脚を作るためには溶接構造以外はないのですが、従来のアルミ素材では、納得の耐久性を実現することが出来ませんでした。

株式会社ナガノは、溶接熱による硬度低下が回復する、溶接に最も適する特殊なアルミ合金を薄肉パイプで特別に生産することにしました。
このアルミ合金は、薄肉パイプほど生産が難しく、その中の選び抜かれた材料のみを使い、製品として出荷しています。軽さと強度の相反するものを合致させるのは至難の技で、常に研究は進められています。

Characteristics of Aluminum material

こだわりのアルミ材料の特長

市販のアルミ材料と当社のだわりのアルミ材料の比較

アルミニウム合金の主な性質は、添加元素の種類と添加量によって影響され、下記の表のように1000系アルミニウム、2000系アルミニウム合金~7000系アルミニウム合金、8000系(その他の合金)に分類されます。

合金系ごとに類似した性質をもちますので、材料の選択に当たっては使用目的に応じて最適な性質を持つ合金を選ぶことが必要です。

主な用途

種類 主な用途
純アルミニウム(1000系アルミニウム) 電線・装飾品・台所用品・日用品
2000系アルミニウム合金 ネジ類・ギヤー部品・リベット類・航空機・油圧部品
3000系アルミニウム合金 アルミ缶・複写機ドラム・電球口金・屋根材
4000系アルミニウム合金 シリンダーヘッド・ピストン
5000系アルミニウム合金 装飾用材・建材・アルミホイール・船舶・車輌
6000系アルミニウム合金 建築用材(アルミサッシ)・自動車部材・車軸・船舶
7000系アルミニウム合金 車両(オートバイ)・航空機・陸上構造物・鉄道車両(新幹線など)
その他の合金(8000系合金) 電気通信用・包装用

特徴

ナガノ製品 7000系

アルミの7000系は強度が高く航空機やバイクフレームなどに使用されています。
溶接に適したアルミ材で、溶接の影響で低下した部分が元の硬度までほぼ回復するため、ひび割れを最小限に抑えた長持ちする製品が出来上がります。
7000系は薄肉パイプの製造が難しく、ハイレベルな技術を要するため、希少価値の高い入手困難なアルミ材です。

弊社では本物づくりにこだわるため、特別オーダーのアルミ材で耐久性のある製品を提供しております。

一般製品 6000系

アルミの6000系はアルミサッシや家電製品などの生活用品に幅広く使われています。加工のしやすさから一般的に最も普及している材料でアルミ三脚やリヤカーにも使われていますが、溶接構造には適さず、溶接すると溶接付近の硬度が60%ぐらいまで低下してしまいます。
これが溶接付近のひび割れの原因となり修理や買い替えが多くなります。

溶接部の硬度比較

アルミ材料 硬度比較 ナガノ 一般

溶接部の硬度比較

アルミ材 硬度比較 ナガノ 一般

強度テスト

外形16mm A:ナガノ製品(7000系) B:一般製品(6000系)

アルミ 試験材

A:肉厚1.4ミリ
B:肉厚2.0ミリ

アルミ 試験材

パイプを差し込み矢印方向に同時に開く

アルミ 試験材

A:変化なし
B:溶接部分で折れた

以上のことからわかるように、A:弊社こだわりのアルミ材は、軽さと強度をだすためには欠かせない材料といえます。
肉厚の材料でも硬度低下が回復しないものは強度を出すことは不可能です。
昭和62年に大手メーカーとの共同開発に成功し、アルミパイプの肉厚は軽量化を追求し超薄型ですが、耐久性は非常に優れているアルミ溶接専用材です。この耐久性は25年以上経過したナガノ製品が実証しています。

Proud of Manufacturing

ものづくりの誇り

ものづくりのエキスパート

一つひとつが手づくりでオリジナル

アルミの溶接風景

弊社の製品は、大量生産ではなく一つひとつが全て熟練した職人の手づくりです。お客様から作業器具等の開発依頼があれば、その現場に出向き現場にあった製品を開発します。無駄が無く使い易い設計はナガノの得意とする分野で、お客様のご希望を基に、弊社独自のアイデアで使い易い製品を開発しています。
今ではネット検索やものづくりの会社、口コミで聞いて、オリジナル製品のご注文やオーダーメイドの依頼が増えています。オーダーメイドは、既存の製品より価格の面では多少お高くなりますが、お客様が納得いく製品に仕上がりとても喜ばれています。
ナガノは全ての製品に真心を込めて生産しています。

アルミ溶接の難しさ

アルミの溶接風景

アルミの溶接は鉄の溶接と違い、とても難しい技術です。
弊社の溶接は、TIG溶接です。TIG溶接とは、電気を用いた溶接方法の一種で、電極に熱に強いタングステンを使い、不活性ガス(アルゴン)を流して溶接棒でタイミングと感覚で溶接します。
特に薄肉のアルミ合金の溶接は、非常に難易度が高く高度な技術が必要です。未熟な溶接は、熟練した目で見れば一目でわかります。しっかりした溶接を行わないと事故にもつながりとても危険です。

アルミの溶接風景

最近では溶接機械の技術も進み、ロボットの溶接も行われておりますが、細かい所や曲げ加工した部分などは、人間の手で溶接しなければほとんどが不可能です。やはり人間の技に勝るものはありません。
溶接した部分は熟練した職人にしかできない美しいビートができ、きれいに仕上がります。

ナガノは溶接技術にも自信があります。アルミ溶接とは溶接の強度と溶け込みだけでなく、外観も品質要素と考えます。

Expensive reasons

ナガノ製品の値段が高いのにはワケがあります!

弊社の製品は、とても希少価値の高い独自のアルミ材料を使用し、1本1本、1台1台が職人の手づくりのため、量販店などの大量生産の商品よりどうしても価格は高くなってしまいます。しかし実際にお使いいただくと、きっとその軽さ・強さ・使い易さに驚かれるはずです!

「こだわりのある本当に良い物を長く使っていただきたい!!」それがナガノの願いです!

アルミ三脚 平地用

アルミの材料の選択から始まり、使い易さを追求した設計、丁寧な製造まで多くのこだわりを取り入れた弊社自慢のアルミ製品を是非一度お使いいただき、本物の良さを確かめてみてください。
きっと貴方の相棒となり、宝物になります。

株式会社ナガノが自信を持ってお薦めします!





商品一覧
オンラインショップ
ショッピングガイド

最強のアルミ材

オンラインショップ
ショッピングガイド
お客様の声
オーダーメイド製品について
リヤカーで旅するブログ
元祖アルミ三脚の歴史
2009年度グッドデザイン賞受賞
会社案内
お問い合わせ