園芸用アルミ三脚の元祖 「ナガノ」

「三脚は命を乗せるもの」。安全で使いやすい、ナガノのアルミ三脚

私達のスタートは、溶接製のアルミ脚立です。
1981年12月、鉄製の園芸用脚立を日本で初めてアルミ化し、発売しました。

創業時はお茶の乾燥機や焼却炉を作る傍ら、果樹園の手伝いをしておりました。
そこで当時の鉄製の脚立の「重さ」「使いにくさ」を感じ、もっと軽いアルミでの製品づくりを考えました。 

アルミの軽さを活かし、「体力に自信のない人でも使い易い脚立」に仕上げることで作業を楽にすること。
農業家さんたちの高齢化や女性の営業機会の増加による、運搬時に負担の少ない脚立の開発は重要でした。

さらに脚立は「軽い」だけではなく、「貴い命を乗せる道具」として強度があり安全でなければなりません。
軽さと強度のバランスは大変重要であり、この相反する条件を満たすことは、大変難しいことでした。

そして10年間の試行錯誤を繰り返し、大手メーカーとの共同開発の末、ようやく農業家さんの使いやすいものが出来上がりました。

お客様への最大のサービス

現在では中国製、他社製品も出回り、園芸用脚立といえばアルミ溶接製が一般的になりました。
品質よりも価格重視の世の中に背を向け、良い物を安全で使い易いものを提供したいと考え、弊社はアルミ脚立の発売当初より、特にアルミの材質にこだわり続けて参りました。

私達は、「軽く、使い易く、長持ちすること」が道具の生命であり、本当に良い物を提供することがお客様への最大のサービスと考えております。

未来に向かって

「良い物を、安全なものを」とこだわり続ければ、ものづくりは奥が深く研究は尽きることはありません。
長年に渡り皆様からの貴重なご意見やご要望をいただき、軽さと強度を兼ね備えた独自のアルミ材で、「アルミ下駄」や「アルミ製腰掛作業台車」「リヤカー」など多くの逸品を誕生させることができました。

大量生産・大量消費時代にも決して迎合せず、本物志向という姿勢を常に持ち続けていきます。
これからも感謝の気持ちを忘れずに、常にユーザーの元へ出向き、アルミを活かした軽量化のご要望に応える製品の研究・開発を続けて参ります。

地球環境への取り組み

長く使える自然に優しいものづくり

今地球は、温暖化・オゾン層の破壊・酸性雨など地球環境の悪化が問題になっています。日本国内でも、二酸化炭素や廃棄物の削減などが呼びかけられています。
株式会社ナガノは、会社設立より30余年、使い捨ての世の中に背を向け、良い材料で長く使える製品を開発してきました。超軽量で使い易い製品は、自然環境に配慮され、弊社はものづくりを通じて地球環境保護へ取り組んでいます。

商品一覧
オンラインショップ
ショッピングガイド

元祖アルミ三脚の歴史

オンラインショップ
ショッピングガイド
お客様の声
オーダーメイド製品について
リヤカーで旅するブログ
元祖アルミ三脚の歴史
2009年度グッドデザイン賞受賞
会社案内
お問い合わせ